タオルン

-タオルン / タイトル

いつまでも気持ちよく!お気に入りのタオルを長持ちさせるには

タオルは日常生活の中の様々な場面で登場するアイテムですが、愛着のあるものなら日頃のちょっとしたコツで、心地よく使い続けることができます。どこかに引っかけたりしてパイルにほつれが生じたり、パイルが抜けてしまう場合がありますが、そんな時は根元の部分をハサミで切ってしまえば、ほつれた部分が広がるのを抑えることができます。些細なことですが、そのままにしてしまうとパイルがどんどん抜けてしまうことがあるので注意しましょう。また、洗濯をする時にも工夫をすることで、タオルの状態をキープすることができます。洗濯では、干す時の水切りが大切です。脱水が済んだら干す前に四つに折りたたみ、そのまま手のひらを使って強めにたたくと繊維がほぐれてきます。たたいた後は、二つ折りにして強めに振ると、ほぐれた繊維の流れが揃うので、干して乾かした後にもふんわりと柔らかな感触になります。ゴワゴワな状態をふわふわに仕上げたい場合には、乾燥機を使うことでかなりふんわりした感じになります。ただし、もし乾燥機を使う時は、乾燥させた後はすぐ取り出すのを忘れないようにしましょう。市販の柔軟剤を使っても良いですが、洗髪用のリンスなどを薄めて使うことで柔軟効果を期待することもできます。

身近で使い勝手がいいタオルの使いこなし

身近に用いるグッズとしてあるのが、タオルです。柔らかでボリュームがある布素材でできていて、水分や汚れを拭き取る効果があります。また、シンプルな形状ゆえに、アイデア次第で多様な活用方法があります。日常で頻繁に使うアイテムである一方で、そのデザインにもこだわる事ができます。デザインとしては、表面にどのような模様や文字のプリントをあしらうかに違いがあります。またカラーリングも重要なポイントであり、基本的には白が多いものの、黒や赤、あるいは青といった色のバリエーション次第で、見る者に与える印象は大きく変わります。加えて、タオルが持っている吸湿性や保温性といった点で着目するのであれば、機能性を高めた新たな製品があります。用いられる繊維に新しく開発されたものを利用することで、従来のものからさらに吸湿性を高めたものや、水分を吸収して発熱するなど高い機能性を発揮します。品を選ぶ上では、大きさもまた着目すべきポイントです。通常のものでは、両手で簡単に広げるほどの大きさのものが定番です。またさらに、全身を包む事ができる大きさのバスタオルや、あるいはポケットに収めておく事ができるコンパクトなものもあります。

注目サイト

ゴミ屋敷 片付け 大阪
http://fuyohin-kansai-pro.com/blog/pro-6/
文化祭 Tシャツ
http://clat-book.com/

Last update:2016/11/10

トップへ